タロットカード

 

タロットって

タロットは、芸術と台本の力強い作品です。それは「老齢株」の木と比較されるかもしれません。 多様に遠くまで広がる枝が、張り出し屋根や母なる隠れ家として、直面してきた多くの影響から、長年にわたる保護をしてきたからです。 この古代の知識体系は、研究され、理解された時、古くから人間の意識が進化する道の正しい認識を与えてくれました。 タロットは生と死と再生の循環を通過していくので、魂の通過を表現している一連のイメージだと見ることもできます。 全部で78枚のカードは、錬金術、カバラ、数秘学、占星術、芸術、宗教、神秘学の集まりなので、人類の神聖なテキストにもなります。 それ自体で、学校、神秘原則や開放研究、定説や偽善のないものとして有効です。 78枚のタロットカードは、バランスが取れていて非二元的な、人生の学校を表しているのです。

芸術と台本の力強い作品

タロットとは、全部で78枚のカードで、歴史的、知的討論を大いに巻き起こしてきました。 起源、完全コード、象徴的イメージをつなぎ合わせる謎は、はっきりしていません。でも、分かっていることは、タロットカードは現在のカード遊びの祖先で、この絵のある名作が、歴史を通して、ゲーム、占いの道具、芸術作品、秘密原則、そして、人間の無意識の描写としても表わされてきたということです。 960年代に、音楽と芸術が、社会改革の構造の中で、心理的な調和をもたらせた時、タロットが近代文化の明るみに出てきました。 イメージやシンボルの暗示が、ロックスターのアルバムの表紙や、心理学の本に使われると、多くの芸術家、詩人、音楽家が、その意味と神秘主義からインスピレーションを受けました。 歴史家は、タロットに使われた芸術的な系統と精神的な傾向を、内省と個人的探究を高める道具として、研究しました。 スイスの心理学者、カール・ユングは、今日のユング心理学なるものを創造し、錬金術の研究を、人間の魂の変化と変容を理解する手段とし、新しい分野の探究を開拓しました。 ユングの研究は、彼の興味や、タロットを含む古代シンボルを用いることによって、思考と人間の成長への新次元の扉を開いたのです。

22枚の大アルカナカード

22枚の大アルカナカードに描かれた元型は、人間の多くの側面や感情を映し出すイメージやシンボルを表現しています。 魔術師、女皇帝、隠者、愚者のようなイメージは、自分自身の内なる深いところにある力を試し、気分、必要、性格や魂の人生のより大きな理解を引き起こすことができるのです。 定期的に、同じ人に同じカードが何度も何度も現れることがあります。 これらのカードは、変化やチャンスがいつでもやって来ることを継続的に知らせてくれているので、調べる価値有りです。 カードは、個人の内なる権力、パワー、自由、強さ、変容のサイクルを映し出し、人生のゴールや熱望を克服するヒントやアイデアを与えてくれます。 ともすると物質界の外の悪影響に隠されてしまう、本当の自分の側面が、タロットの英知を通して、啓発されるのです。 タロットは、人生の複雑な問題に洞察と解決をもたらし、個人の問題と宇宙の質問の解決を助ける道具として役立ちます。

40枚の数札/小アルカナカード

1から10までの数がつけられた40枚の数札のカードは「小アルカナ」と呼ばれています。 これらのカードは、数秘学の謎と数の魔力に関連しています。 それぞれの数は、自然、銀河、音楽、言語、人間の経験の宇宙のコードの中で、支えられ、固定された力を持っています。 小アルカナ・カードは、行動、提案、そして、毎日直面する日々の予想を見せてくれます。 小アルカナは、実用的なガイドライン、反映、人生の中での解決を提案することによって、 大アルカナ、又は、より偉大な謎の主要部をサポートしているのです。

16枚の絵札/コートカード

16枚の絵札は、4つの主な人物を表しています。 これらは、ペイジ(内なるミューズ)、ナイト(内なる冒険家)、クイーン(内なる知恵)、キング(内なる真の力)に分かれています。 個人の内に潜む、感情的、精神的、霊的、肉体的な側面も表します。 王宮が庶民を支配していた初期のデッキでは、人物カードはリアルな人物が描かれていました。 何世紀にもわたり、文化的パラダイムの変化に伴い、人物の役割は変化してきました。 王国を取り仕切る支配的な王宮は、もうありません。 宮廷や伝統的なイメージを継続することはできるかもしれませんが、 現代世界において、これらの歴史的なイメージは、元型的なものです。 現代のカードは、キングは、シャーマン、政治家、守護者として描かれているかもしれません。 クイーンは、賢母、ガイド、教師、女神として。描かれていることもあります。 いずれにしても、自分自身の内なる世界に最も適したイメージを、自分の内に見出すのは、 それぞれの個性と、新しく革新的なカードの創造者次第です。 人物カードは多種多様な自分物に遭遇する人間関係の一例でもあります。

26枚のアルケミーカード/トリプルゴッデス

トリプルゴッデスタロットは、女性も男性も、偉大な女神の光り輝く子宮を旅し、女神の本質的な知恵と愛の核心に飛び込むようにとの願いが込められています。タロットの神秘的な核である22枚の大アルカナ「大いなる秘密」を、三位一体の強力で原始的なイメージによって、聖なる女性の生きた力と結びつけます。ここで重要なことは、聖なる女性的な三位一体は、キリストが来てキリスト教の三位一体が明確になるずっと前、この宇宙が誕生したときから存在していたということです。このような女性的な三位一体は、古代の神話や錬金術、秘教的なテキスト、先住民の口承や様々な宗教的な伝統の中にも数多く見られます。

26枚のアルケミーカード タロットと呼ばれる叡智の神託は、数字カード40枚(各スート10枚)、コートカード16枚(各スート4枚)、そして「魂のカード」「大いなる神秘」と呼ばれる大アルカナカード22枚の計78枚で構成されています。 トリプルゴッデスタロットでは、従来の大アルカナ22枚に加えて、新たに4枚のカードが追加され、合計26枚のカードが登場します。 この26枚のカードを私たちは「アルケミーカード」と呼んでいます。 錬金術では、物質の中から「哲学的な黄金」「万能薬」「素晴らしい石」を生み出すことが最大の望みです。 錬金術師の究極の目的は、人類の進歩を促進し、個人の意識を高め、魂を解き放つことです。 この化学変化や変容は、心、体、精神の間に深い関係をもたらすことができます。 この26枚のイニシエーションカードを持つ「トリプルゴッデスタロット」は、その内容に取り組むことを選んだ人に「魂の魔法」を提供するものなのです。

7枚のチャクラカード/トリプルゴッデス

26枚の錬金術カードに加えて、7枚のチャクラカードがあり、合計33枚のカードがトリプルゴッデスタロットにはあります。 33は、三位一体の数であり、キリストが昇天した時の年齢と言われているマスターナンバーです。 チャクラカードは、人間の生命力を活性化させる身体の7つのパワーポイントを表しています。 この7つの螺旋状のエネルギーフィールドは、私たちの活力、明晰さ、創造性を回復します。 また、フラワーエッセンス、ホメオパシー、サウンド&カラーセラピー、 その他の波動医学などのエネルギー的な癒しの方法を受け入れることができるようになります。 この7枚のチャクラカードは、トリプルゴッデスタロットの中のミニ・デッキです。 チャクラ・カードは、魂の成長のスピリチュアルな側面と人間の身体を結びつける手段を提供します。

タロットの展望

タロットは、夢の生活の謎やイメージの表現のような、魂の展望のパノラマ景色です。 知識の探求、品位を曇らせる嘘や迷信のないものとして研究することができます。 タロットは、さらに深い意味、シンボル、知恵を探究したくない人達からは、あいにく誤解されたり、恐れられたりしていることもあります。 もしタロットを勉強したいと思う人がいたら、歴史的な調査や、昔からのタロットの背景から始めることがお勧めです。 錬金術、自然の法則、数秘学、詩、占星術的惑星の相互関係、元型、心理学、芸術、それから、宗教、政治的、社会的意義の、違う時代に見られるシンボルやイメージの他の形をも、熱心に勉強することも提案させていただきます。

すべては過ぎ去り、戻ってくる。永遠に存在の輪を廻して。。。湾曲は、永遠への道なり。 ~ ニーチェ ~

イーシャ ラーナーは、4つのカードの著者で、創造者です。
  • インナーチャイルドカード:おとぎ話タロット
  • トリプルゴッデスタロット:大アルカナのパワーを使った、チャクラのヒーリングと神聖なる女性性
  • パワーオブフラワーオラクルカード:自然の中の元型の旅
  • 4エレメントタロット:部族の伝説、神秘学、人魔法